【タイム表】伏野峠~天水山

2010年発行されたオフィシャルガイドブック表記のコースタイムを右端に掲載しています。須川峠から野々海峠までのコースタイムがマップと比較して25分延長されました。実際は????
実際の歩行時間と数字がかけ離れているケースが見られますので、地図表記やガイドブック表記のコースタイムはあまり参考にはなりません。

Sec.1地点実績A実績B実績C実績Dガイドブック表記
1松之山登山口 
1.6km47364832
2天水山↑↓
2.4km4163555570/70
3三方岳↑↓
1.7km2029302440/30
4深坂峠↑↓
2.1km4241384250
5野々海峠↑↓
4.8km911149985130/120
6須川峠↑↓
1.8km3244353450/45
7伏野峠 
合計14.4km4-335-275-054-32北行5-00
南行5-15

【実績A】 ハイキング慣れした68歳男性と二人で北から南へ歩行(山ヤではない)
【実績B】山慣れした50代後半女性+あまり慣れていない50代後半女性+40代中ば男性と4人で南から北へ歩行
【実績C】2009年9月下旬、ごく普通の60台半ば女性+70代前半男性(山ヤではない)とともに3人で歩行
【実績D】2010年7月、山慣れした60歳~68歳女性3人+40代男性、20代男性マラソン愛好家の合計6名で歩行平坦地では速歩。
*いずれも休憩時間を除外した正味歩行時間

●コースガイド●
①斑尾山~万坂峠②万坂峠~赤池
③赤池~涌井
④涌井~仏ケ峰登山口
⑤仏ケ峰登山口~関田峠
⑥関田峠~伏野峠
⑦伏野峠~天水山

スポンサーサイト

【タイム表】伏野峠~天水山

Sec.1地点実績C(分)実績D(分)地図表記
1松之山登山口 
1.6km4850
2天水山天水山
2.4km5879↑↓
3三方岳105
1.7km2736↑↓
4深坂峠深坂峠
2.1km505445
5野々海峠↑   ↓
4.8km104125105  120
6須川峠↑↓
1.8km355145
7伏野峠 
合計14.4km5時間22分6時間35分北行5時間00分
 南行5時間15分
パンフ表記:6時間

【実績C】 2009年6月、比較的ハイキング慣れした60代男性2名と合計3人で歩行(天候くもり)
【実績D】 最年長79歳、最年少65歳の男女6名混成グループ。かなりゆっくりしたペース

●コースガイド●
①斑尾山~万坂峠②万坂峠~赤池
③赤池~涌井
④涌井~仏ケ峰登山口
⑤仏ケ峰登山口~関田峠
⑥関田峠~伏野峠
⑦伏野峠~天水山

伏野峠~野々海峠

【伏野峠~野々海池】

B.jpg

大変起伏に富んだセクションと云えましょう。

まず伏野峠の取り付きが突然急登で始まります。 A地点 
AaDSC_8779.jpg

伏野峠~須川峠の所要時間が登り45分に対して下りは35分なので、その急峻さが覗えるというものです。
しかし眺めは抜群です
AaDSC_8781.jpg


須川峠から B地点までは完全平坦。 
AaDSC_8788.jpg


B地点で信越トレイル道は菱ケ岳登山道へと別れていきます。右へ鋭角に戻るようにして曲がります。

そこからC地点までは比較的長い上り坂が続きます。 その後も細かいアップダウンを繰り返しますが、D地点はブナ林の中の綺麗な鞍部を形成しています。越後側が開けており、さほど眺望は利かないものの、下から吹き上げる風が心地よい場所です。 ぜひ立ち止まって深呼吸してみてください。
AaDSC_8796.jpg


E地点 で菱ケ岳ゴンドラからの登山道に合流、ニシマド湿原に向かってゆるい下り坂となります。

ニシマド湿原を過ぎれば地形は緩やかになり、道幅もずっと広くなってきます。ブナは大きな立派な枝振りのものが多く、おもわず立ち止まりたくなる巨木が点在しています。 F地点
AaDSC_9459.jpg

AaDSC_9462.jpg
やがて野々海峠に到達、お昼ご飯にしましょう。

野々海峠~天水山

【野々海峠~天水山】
AA.jpg

斑尾から歩き始めた信越トレイルも、いよいよゴール間近です。 野々海峠から深坂峠までは比較的アップダウンの少ないブナ林帯を行きます。
途中、長野県最北の地に到達、さいはて感に浸ってみるのも悪くありません。
AaDSC_9552.jpg


深坂峠までは丁度45分。地図上のコースタイムと全く同じだったのは、後にも先にもこの区間だけです(笑)。

深坂峠では十日町(松之山)の中山間部の棚田地帯を望むことができます。正面には黒姫山が美しい山容を見せてくれています。
AaDSC_9472.jpg

深坂峠でいったん車道に出て、50mほどアスファルトを歩くと、再び山道へ分け入ります。
AaDSC_9474.jpg

B地点
起伏が少ない上に、ブナの巨木密度が高く、非常に見ごたえのある成熟した森であります。

それを過ぎると広場のような場所に出ます。昔電波搭が立っていたのだそうです。
AaDSC_9479.jpg

三方岳への登りは非常に急です。できれば両手も使って周囲の木を掴みながら登ったほうが良いかもしれません。
AaDSC_9484.jpg

三方岳を過ぎると、狭い尾根道のアップダウンが続きます。地図にも「危険」との表記がなされています。誤って木の根につまづいたりしないよう、細心の注意を払って通過してください。
AaDSC_9506.jpg


そして C地点
AaDSC_9562.jpg

本当に断崖絶壁の上にひょっこり現れたようなビューポイントです。
AaDSC_9502.jpg

和みの棚田地帯が見渡せます。信越トレイルのフィナーレが近いことを知らされます。
AaDSC_9556R.jpg

そして2つほどのピークを越えてゆけばそこは終点・天水山
AaDSC_9522.jpg
斑尾山山頂からの総距離67kmの、長い長い信越トレイル徒歩の旅が幕を閉じます。

==
信越トレイルは天水山で終了ですが、その先どこへ降りるのか、しっかり検討しておかなくてはなりません。

天水山からの下山ルートは3つあります。

①松之山口
②津南口
③栄村口


一番距離が短く、かつ眺望に優れたお勧めコースはなんと言っても①の松之山口。美しさ極まりないブナ林が非常に印象的です。 D地点AaDSC_9532.jpg

AaDSC_9533.jpg
信越トレイルの最後を飾るに相応しいルートです。

お疲れ様でした!
AaDSC_9540.jpg

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック