お勧めのアプローチ登山道

信越トレイルの起点/終点は、斑尾山/天水山ですが、そのポイントへ向かうアプローチ登山道はいくつもあります。

しかし!

信越トレイルクラブの公式サイトやマップを眺めてみても、それぞれの道についての記述がほとんどありません。

それはいずれの山も複数の市町村にまたがる境界線近くに位置しているため、それぞれの自治体(の利害関係)に配慮して、あえてお勧めルートなどは記載していないのだそうです。

しかし、実際に複数のアプローチを登ってみて、明らかにお勧めできるところと、そうでないところがあることがわかります。

特に、天水山からのルートについては、一番北の「松之山口」が一番のお勧めです。いや、ここを選択しない手はないと言っても過言ではありません。

それは途中に広がるブナ林があまりにも美しいからです。全国あちこちのブナ林を巡ってきましたが、これほどに感動的な森は他に見当たりません。

これを見るだけでも十分な価値があるとも云えます。

ましてや、全工程を歩き終えて、満足感を胸に山を下った先にこんなブナがあるなんて。。。。
ホント、感動ものです。

Anonomi_amamizu2.jpg

ADSC_9532.jpg

スポンサーサイト

セクション6のアクセス道

震災の影響について、事務局にも頻繁に問い合わせがあるそうです。

6月28日に発表されたアクセス道路情報においても、セクション6の天水山に向かうアクセス道路が軒並み通行止めとなっている状態を伝えており、どうやらココに関しては、近づくことさえままならない現状なのだという空気が支配しています。

しかし、ご安心ください

自動車での往来が可能な「大厳寺高原ばーどがーでん」から、松之山口まではわずか1.8km。車道は通行止めですが、徒歩であれば十分通行可能です。(公に徒歩での通行は許可されています)

普段はめったにアクセスポイントとして使われることのない大厳寺高原ですが、道路改修が済むまでの間は重要なアクセスポイントとなります。

大きな地図で見る

この区間を本日下見に行ってまいりました。

栄村の道の駅信越さかえから津南、R353,松之山を経由して大厳寺高原まで39km45分。
折りたたみ自転車を車に積み、大厳寺高原の自動車が通れる一番奥まで行って、そこから自転車に乗り換えました。
緩い登りでしたので、押して上がったのですが、距離はわずか1.8km、所要時間はほんの20分でした。
帰りは車載ビデオカメラで道の全貌を捉えてきました。(A地点からB地点の区間)
どうぞご参考になさってください。




あまりにオフィシャルサイトの情報が古いので

信越トレイルクラブのオフィシャルサイトの情報が、あまりに古いことに苦言を呈される方が非常に多い印象です。

震災後、刻々と変わるはずのアクセス道路の情報。なかでも人気のセクション5&6の新鮮な情報を望んでいらっしゃる方がとても多いはずなのに、もう1ヶ月も前のアクセス道路情報がそのまま掲載されたままになっています。

やはりこれは大問題でしょう。

今日現在の正しい情報をお知らせします。

①森宮野原から無印良品津南キャン場までの通行止めは解除されています。途中一箇所だけ、10mほどの砂利区間がありますが、それ以外の道路補修は完了しています。

②同キャンプ場から先へは「簡易バリケード」により「通行止め」表示がなされていますが、脇を通り抜けることが可能です。(役所的に言うなら「自己責任によってご通行下さい」ということのようです)

②「風穴」の分岐地点にあったバリケードはすでに撤去されていますので、津南口までは物理的通行が可能です。

津南口から松之山口までは600mほどありますが、徒歩で行くことが可能です。


さらに詳細な情報についてはメールまたはお電話にてお問い合わせ下さい。
より詳しくお伝えできると思います。
プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック