ロウアルパイン

今は処分してしまいましたが、1990年の中ごろ、もっとも縦走にはまっていた頃に愛用していた大型ザックは「ロウアルパイン」でした。
容量は80+15L、背面のフレームが私にぴったりでして、疲れ知らずの優れものでした。

同社はもともとはザックのメーカーというイメージを誰もが持ってるはず。でも最近では総合アウトドアメーカーに変身しつつある模様。

今日、長野市篠ノ井に所用があって出かけてきたのですが、その途中に寄ったスーパースポーツゼビオには同社のアパレル品が沢山置かれていました。

そんな中目に付いたのがTシャツ。

恥ずかしい話ですが、私は速乾Tシャツを一枚しか持っていません。入梅に際してもう1-2枚は必要と思っていた矢先にこれはチャンスです。値段もモンベル並みに安く(2000円台後半)、良い機会と思い一枚ゲットしました。

IMGP3883.jpg

スポンサーサイト

MERREL メレル レフュージ プロ(REFUGE PRO)

季節を問わず、長らくサンダルが普段履きであったワタクシ。
冗談でもなんでもなく、自分の運動靴がないという状況が長らく続いていました。

しかしそんな状況にようやく決別することができました。

IMGP3974.jpg

IMGP3975.jpg

片足421gという軽量ながら、インナーメッシュ以外のアッパーはオールレザー。

登山靴ではシリオやLOWAの3E+を常用するワタクシ。アウトドアショップでは、メレルのラストは「2E」と表示されています。

でも、表示はあくまで目安です。実はこのレフュージ、世の登山靴のスタンダードに照らすならば、おそらく3E+位はあるものと思われます。

シリオ
IMGP3953.jpg

LOWA
IMGP3956.jpg

MERREL
IMGP3955.jpg

上から比較しました

右=LOWAミンガXXL
左=MERREL
IMGP3959.jpg
ミンガーの靴先が絞られているのがよくわかります。
実はこの形状のおかげで、私の足にとっては微妙なフィット感が得られていません。

私の場合、左足のほうがより幅が広く、指先の窮屈感が否めず、LOWAでトレッキングに出かけたとき、いつも指を曲げたときに若干「ポキポキ」と違和感を感じています。決して痛いわけでもなく、歩くのに不具合があるわけではありませんが、もう少し指の先に余裕があればいいなと感じているというのが正直なところです。

さまざまなインプレッションや製品紹介では3E+乃至4EとされているミンガーGTX。しかし実のところ、そこまでの幅広感はありません。

実はあの足幅表示は絶対的なものではなく、メーカー独自の基準によって決められているもののようです。
たとえば、メーカーは違いますが、KEEN社もその多くが4Eとされています。
でも指先が反り返る独特の形状によってか、けっこうな窮屈感を感じます。
何度か試着しましたが、決して足先にゆとりがある形状とはいいがたいものがあります。
幅はあれど、甲の高さが十分ではないような気がしています。

ところが、このメレルレフュージ。
2Eなはずですが、足の前半分にゆとりを感じることができます。
見てのとおり、先っちょが実にイイ広がりを見せています。

あと、土踏まずのアーチ形状がぴったり私の足にフィットしていまして、内側下方からの心地のいい圧力が快感にさえ感じます。

靴はやっぱり履いて見なければわかりません。すべてを同じ土俵で比べることは無理があるといえましょう。
メレルの中でもそこそこ幅広な部類にはいるレフュージ。シリオ3E+を愛用している幅広足な方には意外と合うと思います。ぜひお試しを。

それにしてもメレル、カッコいいです。
IMGP3976.jpg

IMGP3977.jpg

IMGP3979.jpg

IMGP3981.jpg

★6月のガイド可能日
  6月13,14日
★6月26日出発・信トレ核心部を行く3DAYS参加者募集中
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから



↑↑↑
ブログランキング参加中です。クリック頂けると幸いです

KEENの新トレッキングシューズ

4年前に購入し山に旅に大活躍してきたKEEN OREGON PCTの底が擦り切れてきて、登山靴の体をなさなくなってきました。

そこで新しいものを物色していたところに新しいKEEN製を見つけました。

Liberty Ridge
1low_3q.jpg

KEEN社はもともとサンダルメーカーでしたが、ここ数年でヘビーユースのトレッキングシューズも充実。
なんといっても幅広の足形が私にはぴったりなのです。

少なくとも、LOWAよりも幅広です。

OREGON PCTよりもわずかに狭い幅ですが、私にはまさにジャストフィットで、今日はゲレンデの草刈りに履いて行きました。


剛性感は高く、SIRIOのオールレザー製品同様のフィーリング。でも片足690グラムで軽量です。

特筆すべきはこれはなんとオレゴン州ポートランド製。つまりKEEN本社の職人による製造なのであります。

ただいまKEEN通販サイトでは同製品が一部カラーに限り30%オフ。
買うなら今ですよ!





プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック