初日速報

とりあえずのご報告です。

セクション6、5の二区間を行きました。

7:40に松之山口を出発し、11:50に須川峠着。

最後は少しペースダウンしましたが、17:40に関田峠に到着しました。

丸々10時間のハードな一日でありました。

スポンサーサイト

チャレンジ80km 3DAYS 第一日

遅くなりましたが第一日目の模様をお知らせします。

朝食は6時、yh出発は7:30。

天水山登山口へ7:30に到着しました。
いきなり雨装備で、7:40にスタートです。3日間で最長距離の27KMを歩く超ハードセクション。さあどうなるか??
IMGP0001_20120708212524.jpg

美しいブナ林に目もくれずひたすら登る。登る!!!
IMGP0003.jpg

天水山着 8:22
IMGP0005.jpg

IMGP0004_20120708212522.jpg

三方岳へ向かう途中には雪渓
IMGP0006.jpg

三方岳 9:11着 速い!速い!
IMGP0007_20120708212520.jpg

深坂峠 9:38通過
IMGP0009.jpg

ひたすら雨。濃霧。何も見えません。なのでロクな写真がありません。ゴメンナサイ。。。。

野々海峠 10:16着
IMGP0012.jpg

菱ヶ岳分岐 10:43着
IMGP0013.jpg

いつもは心地よい風の通るあのブナ林もそのままスルー。
IMGP0015_20120708213309.jpg

須川峠 11時50分 ここで昼食です。でも雨が絶え間なく降っており、経ったままおにぎりをほおばる人も。
ワタシは一応腰を下ろしてお弁当を広げましたが、雨水がガンガン入ってきて、最後はお茶漬けの如く変化しました(笑)
IMGP0016.jpg

伏野峠 12:36着
IMGP0017.jpg

ようやくここでセクション6が終わりました。でも、ここから先が辛いんです。実は。。。。。

案の定、登りとぬかるみ、倒木の多い幻の池までの区間で1時間10分も要してしまいました。
IMGP0018.jpg
幻の池 13:47着

宇津俣峠 14:22着
IMGP0020.jpg
この時点ではすでに「急ぎ足」ではありません。通常のペースと同等であります。とにかく鞭打って進むという感じでした。

花立山 15:10通過
IMGP0022.jpg

牧峠 15:44着
IMGP0023.jpg

ココまでくれば後は楽勝!といいたいところですが、まだ4.5KMもあります。
牧峠からいきなりの急登。

梨平峠 17:06着 最後の休憩です。
IMGP0025_20120709222905.jpg

終点の関田峠には17:43着。
最後は気力だけで前進しました。
IMGP0026.jpg
牧峠から2時間ジャストでした。

雨の中、27KMを丸10時間かけて歩きとおしました。

予想以上に重労働の第一日が終わりました。


チャレンジ80km 3DAYS 第二日

第二日目のレポートです。

関田峠 8:15発
IMGP0027.jpg

黒倉山 8:57着 速いぞ~!
IMGP0029.jpg

鍋倉山 9:18着
IMGP0030_20120710221004.jpg

仏ヶ峰 10:55着 
IMGP0032_20120710221004.jpg

とん平シングルリフト降り場にて昼食タイム。ようやく下界の景色が見えてきました。
IMGP0033.jpg

仏ヶ峰登山口 12:01通過
IMGP0035.jpg

ここからは沢を二つ上り下り。でもこれまでのハードセクションで培った気力で難なくパス
IMGP0036.jpg

桂池 13:20着
IMGP0037.jpg

信越トレイルとしては珍しい水場・太郎清水で給水しました。
IMGP0041.jpg

黒岩山の東屋
IMGP0043.jpg

絶景ポイントのひとつです
IMGP0042.jpg

14:20に出発して、その後はひたすら林道。
足はパンパンですが、気力で前進

16:25に涌井に到着。お疲れ様でした。
IMGP0046.jpg

チャレンジ80km 3DAYS 第三日

いよいよ最終日。歩行後の温泉入浴のことも考慮し、斑尾スタートで行くことにしました。

8:12出発
CIMG6001.jpg

暑い!暑い!!
CIMG6002.jpg

斑尾山 9:20着
CIMG6003.jpg
3日目ともなると、もはや「ハイペース」とは言えなくなってきました。
皆さん黙ってはいますが、相当足に張りを感じているのです。ワタシもネ(笑)
休憩回数も多くなり、休憩時間も長くなってきます

CIMG6005.jpg

万坂峠には9:25に到着し、すぐさま登り。上り坂を見るたびにやる気が失せて。。。。
袴湿原 9:41通過
CIMG6007.jpg

こんなブナ林がせめてもの慰め。
とはいえ足が痛い!しかもLOWA MINGAの左足がきついのでなおさらです。
CIMG6010.jpg

袴岳着 11:35
CIMG6011.jpg
ここでも5分休憩

下山路はかなり飛ばして赤池には12:37着。袴岳から50分ほどで到達しましたので、かなりのハイペース。
まだこんな余力があったのか??
CIMG6014.jpg

ワタシのドカ弁
CIMG6015.jpg

足が痛いので靴を脱いでリラックス。この日は薄手ソックスでしたので、以前よりはマシですが、決して快適というわけではありません。
CIMG6016.jpg

と、そこに地震襲来。
ドカンとくる縦ゆれに思わず身構えました。赤池の休憩小屋の二階でしたので、音と共に大きな衝撃が。

家に電話するも、電波が弱くなかなかつながりません。

気象速報によると木島平は震度5弱。

ようやく女房と電話がつながり、おののく声が。。。。。。

凄かった。怖かった。

でも少し物が落ちただけで、壊れたものはないとの由。ほっとしました。

気を取り直し、先を急ぎます。


沼の原湿原

希望湖

希望湖14:27通過
CIMG6017.jpg

毛無山には15:00着
CIMG6020.jpg

食べたくもないけれど、クッキーで糖分補給。
CIMG6018.jpg

涌井新池 15:40着
CIMG6021.jpg

最後の林道3.6kmは各自のペースでそぞろ歩き。Hさん広いストライドでグングン歩きます。

何処にそんな余力があったのか!?

驚くメンバー。

足が痛いので休みたいのですが、プライドの高いつわもの達、決して弱音を吐きません。
道端のクワの実をむさぼり食いながら、こっそり休憩。ワタシもネ!
CIMG6022.jpg

傾きかけた太陽がトレイルハイクの終わりを感じさせます。とにかく気力だけで前進!前進!

そして涌井には16:38着
CIMG6027.jpg

80km完走の祝杯をあげました。ワタシはノンアルコールビールをごちそうに。
CIMG6030.jpg

長いようであっという間だった3日間80km(正確には72.5km)

所要時間30時間の長旅でありました。

皆さんお疲れ様でした!!!

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック