セクション1を歩いてきました

待望の信越トレイル2013年度第一回ツアーが始まりました。
CIMG0225.jpg
昨日はセクション1.斑尾山からのスタートです。

チロル前からゲレンデ直登が約40分。
CIMG0226.jpg
直登を終えていったん休憩。その後ジグザグ。

CIMG0229.jpg


今年は下界では雪解けが早かったのですが、1000m程度以上の標高地帯ではかなり残雪が多い印象です。
4月に中下旬に真冬並みの寒気が何度か入り込んだことが原因と思われます。
CIMG0257.jpg



山頂を素通りして大明神岳へ。
CIMG0233.jpg


斑尾山山頂。ここがスタート。え!?今までの苦労は? ベテランの山屋さんは「アルバイト」と呼びます(笑)
CIMG0234.jpg


山頂からの下りにもところどころ雪が。昨年はこんな雪渓はなかったようなきがするのですが。。。。
CIMG0235.jpg

CIMG0236.jpg

CIMG0238.jpg

CIMG0239.jpg


タングラムのゲレンデを下って、12:15に昼食場所へ。リフトのプラットホーム上で頂きました。
CIMG0240.jpg


12:15スタート。硬直した筋肉がしばらく言うことを聞いてくれません(^_^)
CIMG0241.jpg

CIMG0242.jpg


ひたすらゲレンデを下り、約30分後に万坂峠。

袴湿原へののぼり。が、少し気になることが。ジグザグのトレイルを串刺しにするようにして、広範囲に伐採されているのです。いったい何の目的で??
ちょっと尋ねてみたいですね~。

袴湿原ではみずばしょうが花盛り。
CIMG0247.jpg

CIMG0248.jpg


袴岳へのトレイル

ニセ袴と袴岳の鞍部は、ダケカンバの巨木が群生。ちょっと違う雰囲気が漂っています。
CIMG0249.jpg

そして山頂へ。美しいブナ林が広がります。疲れもふっとぶ美しさ!
CIMG0252.jpg

CIMG0254.jpg


そして袴岳山頂。
CIMG0255.jpg


ここで上越市からお越しの親子さんと合流し、赤池までご一緒しました。

ひたすら下る。下る。残雪もところどころ。
CIMG0257.jpg


樹木のないカール地形は、雪解け直後な感じ。いつもの年ならコゴミが伸びきった状態で生えているのですが、今年はまだ出始めな感じ。
CIMG0258.jpg


山頂から45分歩き、林道出合い。ほっとする瞬間でもあります。
CIMG0261.jpg

ここから1.4kmは林道歩き。ほぼ平坦~緩いのぼりをひたすら歩きます。
CIMG0262.jpg


新緑がとにかく美しいエリア。
林道歩きもまた信越トレイル。これはこれで良いものです。ホント。
CIMG0263.jpg


そしてようやく赤池。ほぼ予定通りの16時5分に到着しました。
CIMG0265_20130520160840.jpg

かあちゃんの迎えの車に乗り、木島平へ戻りました。

お疲れ様でした!!!


==============
⇒●栂海新道縦走記2012●
==============

★5月18日~セクション1・2・3ツアー参加者募集中
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

スポンサーサイト

春のセクションハイク 第二日

今日はセクション2.当初の悪天候の予報が外れて、好天に恵まれました。

赤池を9時過ぎに出発。
CIMG0266.jpg


ブナ林を経由して
CIMG0268.jpg


小湿原地帯へ。
CIMG0270.jpg


そして本日のクライマックス沼の原湿原へ
CIMG0272.jpg


しかしこの湿原の景観のバランスのよさは本当にスバラシイものがあります。周囲を山に囲まれ、しかも多様な樹種がおりなす、さまざまな色彩の新緑が映えます。
CIMG0274.jpg

CIMG0275.jpg


規模で言えば尾瀬には負けますが、広々感、色彩の豊かさは先日訪問した奥裾花自然園よりもGOOD.
CIMG0281.jpg


みずばしょう、リュウキンカ、木道。。。。
冷涼地に見られる典型的な湿原風景ですが、やはりすばらしい景観です。
CIMG0279.jpg

CIMG0282.jpg

信越トレイルの指定ルートは、湿原の縁をかすめるように通り過ぎるだけなのですが、せっかくですから、ルートを外れて湿原の中を周回することをお勧めします。

最高の時期に、最高の場所。沼の原湿原は、やはりセクション1-2-3のクライマックスとも言えるでしょう。
CIMG0283.jpg

湿原を出ると公衆トイレ。2年前に整備された綺麗な施設。
CIMG0284.jpg

いったん丘を登るように高度を上げていくと、そこは桜山。平成19年に整備された桜の植林帯です。
あと5-6年もすれば、立派な桜名所になることでしょう。
CIMG0285.jpg

北側に目をやれば、頚城平野を望むことができます。この日は雲間に隠れてその姿を確認することはできませんでした。
CIMG0286.jpg

トレイル脇にはユキツバキ。
CIMG0290.jpg

希望湖。いかにもリゾートを意識した名前で、人造湖っぽさがプンプンしていますが、実はそうではありません。
数百万年前に斑尾山が噴火した際に流出した溶岩によってせき止められた自然湖。
「希望湖」という名前は、斑尾高原が藤田観光の手によってリゾート開発されたときに名づけられた俗称です。正式名称は「沼の池」。
CIMG0293.jpg

希望湖を後にして、毛無山へのゆるい登り。所々残雪が残りますが、歩行の支障になることはありません。
CIMG0295.jpg

毛無山山頂
CIMG0301.jpg

毛無山直下の野菜畑。北海道を思わせる美しい畑。
CIMG0303.jpg

山頂でランチを楽しんだ後、下山。40分で涌井新池へ。
CIMG0308.jpg

そこから先は砂利の農道。
山ヤには専ら不評の区間ですが、にっぽんの里山を感じながら、ゆっくりと下る和みのトレイル。
これもまた信越トレイル。私は好きですね。この雰囲気。
CIMG0312.jpg

ほら。いい感じでしょ??
CIMG0314.jpg

約50分農道を歩くと、涌井のゴールへ。
CIMG0315.jpg
お疲れ様でした!!!

セクション3を歩きました

今日は最終日のセクション3.
幸い天気には恵まれたこの5月シリーズでしたが、この日も天気の崩れはなし。

CIMG0319.jpg

民家の横を通り過ぎ、林道区間を30mほど通過したあと、すぐに山道。
が、ここに倒木。
CIMG0320.jpg
CIMG0321.jpg
CIMG0322.jpg
しかし潜り抜けることは容易でした。

付近はイワカガミが満開。
CIMG0323.jpg

再び林道へ
CIMG0325.jpg

しかしそこには杉の倒木。
CIMG0326.jpg
CIMG0327.jpg

20分ほどで富倉峠
CIMG0330.jpg

CIMG0331.jpg

富倉峠の掘割を通過。
CIMG0332.jpg

緑のトンネルが眩しい季節
CIMG0335.jpg

富倉峠から10分。大将陣着。斜面のカラマツが一本倒れていました。雪の重みでしょう。
CIMG0336.jpg

CIMG0337.jpg

大将陣の馬頭観音前にて
CIMG0339.jpg

その後も続く林道。でも車の往来は全くありません。
CIMG0340_20130521230550.jpg

参加者のYさんにより配られる「オレンジ」に何度となく癒されるワタクシ達(笑)
本当に美味しかったです。
CIMG0341_20130521230555.jpg

林道区間の終わる頃、富倉付近の山の斜面に集落の家並みが。
CIMG0342_20130521230600.jpg

ソブの池から3.0kmで林道終了。
CIMG0343_20130521230606.jpg

いったん沢に下りて「対岸」の黒岩山へ。
CIMG0346_20130521230613.jpg

黒岩山の登り。雪解け直後ですが、杭の階段の損傷はさほどでもありません。
CIMG0349.jpg

ブナ林が美しい、黒岩山付近の森です。
CIMG0350.jpg

12:05に黒岩山の休憩所に到着
CIMG0354.jpg

いつもの場所でおひる。
CIMG0351.jpg

持参した双眼鏡で遠くを眺めてみるのもまた楽しみのひとつ。
CIMG0352.jpg

CIMG0353.jpg

10日前までは雪があったこの尾根道ですが、すでに完全に雪解け。
CIMG0357.jpg

カタクリ群落も黒岩山の見所。
CIMG0358.jpg
残雪はまだ消えずに残りますが、道が見えなくなっているというほどではありません。

CIMG0362.jpg

CIMG0364.jpg
ぶなの新緑が眩しいです。空気までも緑色に染めてしまうほどの鮮やかさ。


CIMG0366.jpg

CIMG0367.jpg

CIMG0369.jpg

太郎清水はすでに利用可能になっています。
CIMG0371.jpg

昨年の今時期は湖面に雪がプカプカ浮いていたのですが、今年はそれもなし。
CIMG0373.jpg

桂池を過ぎ、中古池、北古池湿原を経てさらに北上。林道区間がほんの少し。
CIMG0375.jpg

林道区間を過ぎると、再び山道。
カタクリ群落に圧倒されます。本当にすごいです。トレイル上にもカタクリが。
おそらく雪解け後にここへ分け入ったのは我々が初めてではないでしょうか??
CIMG0380.jpg

一昨年並みの残雪が杉林を埋め尽くしています。山道に入って300mほどはトレイルが見えていましたが、その後は完全消滅。倒木はさほどではありませんが、道が全く見えないので、慣れない人は確実に道に迷います。
慣れている方でもGPSは必携です。
CIMG0382.jpg

戸狩トレイル分岐付近までは終始雪の上でした。
CIMG0383.jpg

水平区間が終わり、本日最大の難所へ。
仏が峰登山口へは2キロもないのですが、深い谷を二回、上り下りします。その一回目が一番の難所となります。
CIMG0384.jpg

「ぬかるみ」を迂回する新線の階段は全く無傷。修復の必要がないほど頑強に現状を保っていました。
CIMG0385.jpg

ひとつめの沢を越えます。
CIMG0386.jpg

上りきったところで小休止。
CIMG0387.jpg

ふたつ目の沢を超えて、上りきると仏が峰登山口、つまり戸狩スキー場ゲレンデ。
CIMG0389.jpg

ひたすらゲレンデ下り。最後のヒト踏ん張り!!
CIMG0390.jpg

CIMG0393.jpg

お母さんとゆずかが出迎えてくれました。15:15に無事到着です。
CIMG0394.jpg 

毎回歩き終わりには「トレイルエンジェル」のサービス。

季節によってりんご、すいか、梨などなど。

今回はりんご酢。ひえた甘いこのリンゴ酢の美味いことといったらもう!!!感動です。
CIMG0395.jpg

三日間お疲れ様でした。

==============
⇒●栂海新道縦走記2012●
==============

★6月15日~セクション4・5・6ツアー参加者募集中
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

セクション4-5-6 第1日

日曜日から火曜日まで、春のセクションハイク第二回の開催週間。

おかげさまで参加者は満員の6名様です!


第一日目は牧峠からとん平までを歩きました。

所々に雪渓の残るトレイル。
さすがに6月3日の戸狩小学校3年生の引率時と比べればかなり雪解けも進みましたが、それでも例年よりもかなり多い印象です。
CIMG0806.jpg

CIMG0804.jpg

ナベクラザゼンソウが群生する湿原
CIMG0803.jpg

ニオイコブシとも呼ばれる「タムシバ」は杏仁豆腐の香り
CIMG0802.jpg

少々早い時間でしたが、この先もかなり雪が多くジメジメしたコンディションを予想し、お昼ごはんは関田峠の車道脇でいただきました。
CIMG0798.jpg

お昼ごはんの後のデザートは山形のSさんご提供のバウムクーヘン。
毎日登場する日替わりスイーツは、もはや楽しみの一つに(笑)
CIMG0797.jpg
ご馳走様でした。

ランチ後はしばらく平坦な森の中。
CIMG0799.jpg

黒倉山へは55分で到着。
CIMG0794.jpg

CIMG0790.jpg

鍋倉山を出発してから80分後、小沢峠に無事到着。
CIMG0788.jpg

小沢峠からは美しいブナ林。
CIMG0789.jpg

約50分下って
CIMG0787.jpg

ゲレンデに到達。ここまでくればゴールは目と鼻の先。
CIMG0786.jpg


トレイルエンジェルの母ちゃん。
CIMG0785.jpg
本日のトレイルマジックは冷たいりんご酢。

トレッキング後の冷えたりんご酢のお美味しいことといったら、言葉がありません。

かあちゃん、ありがとう!

少々暑い中でしたが、皆さんお疲れ様でした。
プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック