北を目指すか南へ下るか??

コース全長70kmのこのトレイルを歩くには、一般のハイカーで6日間の日数を要します。

斑尾山から歩き始めて北へ向かうか、天水山からスタートして斑尾を目指すか、好みで選んでよいでしょう。

どちらかといえば、北行きコースは登りが多くなりますが、北を目指す「ロマン」や「最果て感」が山旅をより印象的なものにしてくれます。

どちらが良いですか?

と尋ねられれば、迷わず

「北へ向かいましょう」

とお答えしています。
スポンサーサイト

スタート地点&ゴール地点の決め方

ここでは斑尾山をスタートして天水山を目指すことを前提に述べることにします。

信越トレイルは、百名山登山のようなピークを目指すものではありません。標高でいえば500-1200m程度の里山エリアを縫うように歩くものですので、必要以上に早発ちすることもありません。

出発も到着も、ある程度余裕を持って計画を立てられるのが信越トレイルの長所でもあります。
万が一途中で体調が悪くなったとしても、エスケープ可能な「車道」がトレイルの尾根をまたぐように何本も通っていますので、臨機応変な計画立案が可能です。

当ブログに掲載のコースガイドは、2008年10月27日から11月1日までの6日間の実歩行記録を基にまとめたものです。(構成メンバーは30代~50代の4~5名)

【第一日】
斑尾山登山口~山頂~万坂峠 
3.7km 出発9:05 到着12:33  約3時間30分

【第二日】
万坂峠~袴岳~赤池~沼の原湿原~希望湖~毛無山~涌井
16.1km 出発9:23 到着15:59 約6時間40分

【第三日】
涌井~富倉峠~桂池~仏が峰登山口
12.7km 出発8:07 到着13:16 約5時間10分

【第四日】
仏が峰登山口~鍋倉山~関田峠
8.2km 出発8:57 到着14:09 約5時間10分

【第五日】
関田峠~伏野峠
12.3km 出発7:56 到着13:33 約5時間40分

【第六日】
伏野峠~天水山
12.8km

積算距離
信越トレイル総距離 65.2km+斑尾までの登山道2.0km+天水山登山口(松之山口)1.2km
合計68.4km

第一日目を短く設定しているのは、斑尾山登山が大変急登かつ、下降ルートも勾配があり、疲労度を考慮してのものです。
6日連続での歩行という長丁場を鑑みますと、初日をあえて短く設定したこの区切りがベストではないかと考えています。

「道」そのものについて

「トレイル」と一口で言っても、その道の雰囲気は場所によってまったく異なっています。

林道、歴史古道、登山道、遊歩道、農道。。。。その表情は千差万別です

しかし道中の要所には案内標柱が立てられており、次の目標地点までの距離が記されています。またその標柱の間には補足する役割を果たす方向指示案内が設置されています。

また所々の見所には大きな案内掲示板が立っています。

標柱例
ZZZZDSC_9138.jpg

方向指示プレート
ZZZZDSC_9199.jpg

案内掲示板
ZZZZDSC_9151.jpg

送迎や移動、滞在場所について 

信越トレイルを歩く上でもっとも面倒なのは

一日のスタート地点とゴール地点が遠く離れていること

ということに他なりません。

里山故に、北アルプスのように縦走路を「底辺」とする「三角形」コースが形成されているわけでもありません。

アクセスポイントへの公共交通機関も全くありません。

2人以上が集まり、クルマを2台確保できれば、朝出発時にあらかじめ1台をゴール地点に回送し、その後全員でスタート地点へ移動、歩き終えた後に再びスタート地点のクルマを回収に向かうといった方法も可能です。

しかし、遠方からの場合、1台に相乗りして来る場合がほとんどですので、そうした方法も意外と難しいものです。

となるとやはり「送迎」の力を借りなくてはなりません。

経験上云えることは、信越トレイルを制覇するには「送迎人」という強力なサポーターなしでは語ることはできないということです。

送迎には4つの方法が考えられます。

①お抱えの運転士による送迎車(貸し切りバス等

②タクシー利用

③マイカー回送サービス(運転代行会社)

④宿泊拠点のスタッフによる送り&迎え


団体旅行のご一行様なら①にて問題は解決します。しかし②についてはあまりに費用がかさみすぎます。
最近始まった③もタクシー利用よりは安価に済ませることが可能です。(区間によって4000円~8000円) 飯山代行センター

しかし最も安価な方法として期待でできそうなのは④でしょうか。

完全無料で送迎してくれるお宿さんもあれば、多少の実費を要するところもあるようです。

但し、全ての入下山口への送迎を受けてくれるお宿さんはなかなかありませんね。(^_^)

なんせ起点の斑尾から天水山までは、車道を走っても60kmもありますから。。。。
プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック