【タイム表】斑尾~赤池

万坂峠からの袴岳への登りがありますが、非常に歩きやすく、勾配もさほどきつくはありません。袴岳から赤池までは軽快に歩けるでしょう。

Sec.6地点実績A(分)実績B(分)地図表記
赤池
1.4km2222
林道出口
1.9km5648
袴岳
2.3km4477区間タイム表記なし
万坂峠
2.9km8159
斑尾山
2.0km4287
斑尾表登山口 
合計10.5km4時間5分4時間53分パンフ表記6時間 

【実績A】 ハイキング慣れした68歳男性と二人で北から南へ歩行(山ヤではない)
【実績B】山慣れした50代後半女性+あまり慣れていない50代後半女性+40代中ば男性と4人で南から北へ歩行

●コースガイド●
①斑尾山~万坂峠②万坂峠~赤池
③赤池~涌井
④涌井~仏ケ峰登山口
⑤仏ケ峰登山口~関田峠
⑥関田峠~伏野峠
⑦伏野峠~天水山

スポンサーサイト

万坂峠から袴岳

第二日目は万坂峠(標高902m)をスタート。この日は涌井までの16kmという長丁場です。

参照地図
ZZZZmap2_1.jpg

9:26スタート
mansakaDSC_8870.jpg

しばらくカラマツ林の中を行きます。
mansakasDSC_8871.jpg

ジグザグ登って行った先に袴湿原と呼ばれる湿地帯があります。
希少種ギフチョウ・ヒメギフチョウの生息地でもあります。
万坂峠より0.8km 9:40着 標高990m
situgen1DSC_8873.jpg

situgen2DSC_8876.jpg

袴岳分岐 袴湿原より0.2km、袴岳まで1.5km 9:46通過heDSC_8879.jpg

袴岳分岐(ホ)地点からほんの少し登ると短い尾根に出ます B地点
美しい木肌のブナ、そしてこれから向かう関田山脈方面が見渡せる絶景ポイントです。ミズナラなどの落葉樹が点在しています。
9:56通過、標高1026m
B1DSC_8880.jpg

B2DSC_8882.jpg

B3DSC_8884.jpg

思わず足を止めてカメラを構える皆さん
B4DSC_8887.jpg

袴岳の手前で鞍部を二箇所通過します。ミズナラ、カンバ類の巨木が圧倒的です。
DDSC_8890.jpg

袴岳と思い込んで登ったピークは実は袴岳ではありません。通称ニセ袴(1089m)。もう一度鞍部に下降してからようやく本当の袴岳のピークが待っています。
nisehakamaDSC_8891.jpg

袴岳頂上(1135m) 
万坂峠から 2.3km 10:40着 赤池まで3.3kmhakama1DSC_8893.jpg

この日は濃霧で何も見えませんでしたが、本来なら妙高山を正面に望むことができます。
hakamaPICT1479.jpg

袴岳~赤池

ZZZZmap2_1.jpg

晴れていればのんびりティータイムとしゃれ込みたかったのですが、濃霧の中ではあまり長居してもからだが冷えるばかり。

水分&糖分補給を済ませたら早々に出発することにしました。

袴岳発 10:47 赤池まで3.3km 
しばらく平坦な道を行くとやがてジグザグの下り道に。結構急角度で高度を下げていきます。

【F地点】廃墟と化した小屋が藪に埋もれています。
FDSC_8898.jpg

【ホ地点】柏ケ峠分岐 
11:07通過 袴岳から0.7km 赤池まで2.6km 標高954m 

kasiwaDSC_8899.jpg

分岐を過ぎると広い圏谷状のくぼ地を行きます。湿り気の多い一帯で、落葉広葉樹ではサワグルミ、トチノキ、野草類ではミズナ、コゴミなどが群生しています。
gDSC_8901.jpg

g2DSC_8902.jpg

やがて山道が終わり、林道に 
【マ地点】 11:33通過 赤池まで1.4kmADSC_8903.jpg

林道沿いはミズナラが多く群生しています。
IDSC_8904.jpg

I2DSC_8907.jpg
造成されて間もない整然としたトラック。こんな道が1.4km続くと

赤池駐車場に到着。
11:55着 袴岳より 3.3kmAakaikeDSC_8909.jpg

この建物のテラスで昼食をとることにしました。
トイレもとても綺麗に保たれている上に、屋内も開放されていますので、悪天候時には十分雨風がしのげる非常に良い休憩場所といえそうです。
akaike2DSC_8914.jpg

akaike2DSC_8911.jpg

強風時には室内にも入ることができます。土足OK.akaike2DSC_8918.jpg

つづく




続きを読む

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック