スノーシューを壁面収納

注文していたスノーシューが届きまして、その収納スペースを乾燥室に設けました。

従来のように屋外保管は避け、屋内の壁面に納めることに成功しました。
やはり酸化による構造材劣化を避けるには屋内保管がベスト。

なかなかいいでしょ?

RIMG0183_20100107225411.jpg
スポンサーサイト

難行苦行

今季初の富倉峠スノーシュー。
涌井から2.8kmの林道を行きました。

10時に涌井スタート
雪壁を登るところからはじまりました。
RIMG0012.jpg


一面の雪の原
RIMG0013.jpg


あまりの厳しいラッセルに、先頭は交代で進みました。
RIMG0014.jpg

RIMG0016.jpg



林道は斜面と一体化。トラバースを余儀なくされました。
RIMG0017.jpg


しかし13日~降り続いた大雪でトレイル上は想像以上に大変なことに。
途中30分ほどの休憩を入れたものの、3時間40分経ってようやく富倉峠手前300mの尾根に到達。
RIMG0019.jpg


これ以上のラッセルは厳しいと判断し元キタ道を引き返すことにしました。

スノーシュー史上最大の難行であったことは間違いありません。

皆さんお疲れ様でした。

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック