新たな方向性

今日13時から信越トレイルクラブの通常総会が開かれました。


昨年に増してガイド活動が忙しくなりそうです。
去年の旅行社へのガイド派遣実績は延べで69件。ところが今年はすでに100件以上の依頼が入っているそうです。

そんな中新たな発表がありました。

キャンプ場整備計画

もともと地域振興という狙いのもとはじまった信越トレイル。しかし開通して年数がたつにつれてテント泊の需要が増してきています。

これまではキャンプは禁止を前面に出していたのですが、自然に溶け込んだトレイルを運営する以上は、そうした需要にも応えていかなくてはならない時期に入ってきたようなのです。

そこで具体的に調査が始まることになりました。
既存のキャンプ場を有効に活用する方法、現状の施設をキャンプ受け入れ可能にする方法。

現状では5箇所がキャンプ場として供用が可能とのこと。今後を見守ることにしましょう。


スポンサーサイト

信越トレイルバイブル発刊!

水面下(?)進められてきた、待望の信越トレイルガイドブックがなんと5月上旬に発刊されることになりました。

出版元は長野市のオフィスエム

総ページ180頁ほどのかなり詳細な内容なのだそうです。
価格は1000円強となる見込みらしいです。

書店に並んだら真っ先に買い求めることにします。楽しみ~!!!!

二回に分けて企画したら。。。。

信越トレイルを踏破するイベント。
春と秋に何度か企画していますが、昨年と方針を変えましたところ、大変な反響を頂くようになりました。

それは

全線を二回に分け、3泊ずつで歩くというプログラムを導入したということ。

去年までは6泊7日のイベントを何度か企画していましたが、今年は完全スルーの企画は一本だけ。

春の企画に続き、秋のイベントも二回に分けて組みなおしてみました。

ぜひご検討下さい!

Yahooで4位・Googleで1位(^O^)

年々反響の大きくなる信越トレイル。

春の3DAYトレイルツアーも、すでに両方3名のご予約を頂いています。問い合わせも昨年以上にたくさんお寄せいただいています。

ためしに

信越トレイル

で検索してみますと、ロボット検索のGoogleでは信越トレイルクラブのオフィシャルサイトを除けば第一位に掲載されるまでに成長しました。

一方Yahooでは、昨年までは4ページ目あたりをウロウロするだけでしたが、昨日半年振りに検索してみますと、

1.信州の旅com
2.日本トレッキング協会
3.斑尾トレッキングトレイル
4.信越トレイルの歩き方

と、掲出順位第四位(STCオフィシャルサイト除く)に大幅ジャンプアップしているではありませんか。

道理で問い合わせが増えているワケです。

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック