明日は鍋倉山

明日は残雪の鍋倉山ツアーです。

今年は登山口の駐車場まですでに開いているようなので、アスファルト道の余分なハイクアップをしなくてすみそうです。

頑張ってきます!
スポンサーサイト

残雪のなべくら山へ

今日はお泊りのお客さん2名様を鍋倉山へご案内しました。

例年より1.5倍ほどある積雪によって、近年のGWではベストなコンディションでありました。

いつもなら田茂木池から先が通行止めになっていますが、今年は巨木の谷入り口の駐車スペースまでが開通していました。

9:35に出発、西の沢を上っていきます。
IMGP3180_20110505161856.jpg

巨木群が圧倒的スケールで迫ってくる西の沢。一見の価値アリです。
IMGP3190.jpg



IMGP3193.jpg

黒倉/鍋倉の鞍部に到達し、頂上を目指します。
IMGP3202.jpg


11:57分頂上着。
IMGP3206.jpg

つづく。。。。

残雪の鍋倉山 その2

山頂にはスキーヤー、ボーダーの姿も見られます。
ボーダーは板を担いで、スキーヤーやシールを装着して上ってきます。

IMGP3208.jpg

まっ平らな広い山頂。海抜高度1283mなり。
IMGP3212.jpg


帰りは巨木で有名な森太郎の鎮座する「巨木の谷」を降下。
こちらもまた素晴らしいぶなの森です。

IMGP3214.jpg

森の家ツアー一行とすれ違いました。私と同じガイド仲間のYさん率いるパーティー。ご苦労さまです。
IMGP3215.jpg

IMGP3218.jpg

そして森太郎
IMGP3222.jpg

でかいでしょ?

でも。兄弟木である森姫はどうやら枯死してしまった様子。
IMGP3229.jpg
残り少ない枝。その先にあるつぼみが膨らんでいません。
去年は7月末になってようやく発芽し、秋口には早々に枯れてしまったのを確認したので、もう来年はダメかと予想はしていましたが。。。。。。。

森姫を後にし、尾根を越えて一気に急下降。
IMGP3236.jpg

山頂からわずか40分で降りてきました。

いつもより豊富な積雪、そして好天に恵まれ、充実した残雪登山でした。
ご参加の皆さん、お疲れ様でした。今度は信越トレイルハイクでお会いしましょう!

長袖+半袖の重ね着

最近よく見かける長袖と半袖のTシャツ重ね着スタイル。

先日、鍋倉山残雪登山ではじめてトライ。
今さらながら、非常に機能的であることに気づきました。

お馴染みさんであるSさん、Hさん。
みんな同じく長袖Tシャツをベースにして重ね着されています。

IMGP0927.jpg

信越トレイルのユニフォームは襟付きボタンシャツですが、長袖Tシャツに比べるとやはり発汗コントロールという点で機能性は劣るといわざるを得ません。

今現在、長袖Tシャツは1枚しか持っていませんので、シーズン本番に備えて、あと二枚ほど仕入れようかと思案中であります。


マムート化計画着々

私のお気に入り山ブランド「マムート」。
山歩き用に、濡れても平気なジッパーつきウォレットをGETしました。
IMGP3267.jpg


信越トレイルのスポンサーはゴールドウィンの

THE NORTH FACE

ですが、個人的にはやっぱり象さんマークのこいつがお気に入り。
 
現在のマムート進捗率

ザック
ゲイター
キャップ
財布
オールウェザージャケット
ヘルメット

さて次は何かな?

しかし新調されたユニフォームのズボン。まるでナイロン合羽みたいな超薄生地には正直「なんで~!?」って感じ。
もしかしたら合羽の方が厚手かも。


春の3DAYS 第一回 満員御礼

5月22日から始まる、春の3DAYS 第一回はおかげさまで満員(7名さま)となりました。

お次は6月26日からの第二回(仏が峰登山口~天水山)を募集中です。

お申し込みはお早めに!
プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック