madara

スポンサーサイト

関田峠から鍋倉山へ

前日に続きトレッキングガイド。

この日は関田峠から鍋倉山の往復です。でも雪が多いので、無雪期とは勝手が違います。

1.残雪
2.倒木乗り越え
3.倒木跳ね上げ

なかでも雨が降り続いた後で怖いのは3.

慎重に進みました。
IMGP3769.jpg

IMGP3771.jpg

IMGP3772_1.jpg

IMGP3775.jpg

IMGP3779.jpg

黒倉山まで1時間20分。

鍋倉山まで25分。

昨年は黒倉から鍋倉山の間の鞍部から西の沢に降りました。
しかし今年は雪が不安定なために西の沢を降下することはあきらめました。

でも霧に咽ぶブナはとても幻想的で、それはそれは美しいものでした。

IMGP3795.jpg


★6月のガイド可能日
  6月6日~10日、13~17日
★2011年間ツアースケジュール
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから



↑↑↑
ブログランキング参加中です。クリック頂けると幸いです

戸狩温泉

トレイルを歩いた後はやっぱり温泉。

セクション1ならば「樽本温泉」、セクション2には涌井に3年前まで「不動の湯」があったものの今は廃止。そしてセクション3ならば、とん平からわずか10分の場所に「戸狩温泉」があります。

戸狩温泉の外湯は2箇所。暁の湯と望の湯です。
この日入ったのは暁の湯。黒褐色のお湯が特徴的です。
IMGP3672.jpg

IMGP3666.jpg


歩行後に利用できるのは午前中からOPENしている暁の湯のみ。入浴料は500円です。
惜しむべきは露天風呂がOPENしているのは土日のみです。
IMGP3665.jpg


ちなみに望の湯には露天風呂はありません。(入浴料は同じく500円)

トレイルを歩く人は土日も関係ないので、ぜひ平日も露天を開けてほしいものです。

ついつい湯滝温泉に足を伸ばしてしまうんですよネ。。。。。

★6月のガイド可能日
  6月6日~10日、13~17日
★2011年間ツアースケジュール
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから



↑↑↑
ブログランキング参加中です。クリック頂けると幸いです

昨日の戦利品

昨日安曇野へ行ったもうひとつの目的は、バックカントリー穂高へ注文品を取りに行くこと。
IMGP3825.jpg


マムートのレインンカバー

レインカバーとはいえ、やはり本体とのコーディネートも無視できません。

この製品は今期モデルでして、赤い色がより濃くなり、旧製品に比べるとナイロンデニールの番手がUP、つまり糸が太くなり、全体的に生地が厚手となり強度アップがなされています。

たかがレインカバー、されどレインカバー。
IMGP3868.jpg

Sサイズですが、そんな厚手生地のため収納はさほど小さくはなりません。
一足しかなかった登山靴用ソックス、ほとんどなくなりかけていたEPIと共に買ってきました。
EPIは収納を考えて最小サイズのものをGET.
ソックスは履き心地抜群のスマートウールソックス(MEDIUM)
IMGP3862.jpg

バックカントリーの後はモンベル豊科店へ。

7年前に買った「カメラマンベスト」のほつれ、ストラップ破損の修理の依頼に行きました。

昨年「ネイチャーガイドベスト」を代用品として手に入れましたが、収納や機能性などの使い勝手は、やはりカメラマンベストが優れているので、現役復帰をさせることを決意。

あわせて、一枚しかなかったロングスリーブTシャツを2枚GET.
ファクトリーアウトレットを目指したものの、気に入った色はもっぱらSとかXSばかりでした。
IMGP3871.jpg

★6月のガイド可能日
  6月6日~10日、13~17日
★2011年間ツアースケジュール
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから



↑↑↑
ブログランキング参加中です。クリック頂けると幸いです





ロウアルパイン

今は処分してしまいましたが、1990年の中ごろ、もっとも縦走にはまっていた頃に愛用していた大型ザックは「ロウアルパイン」でした。
容量は80+15L、背面のフレームが私にぴったりでして、疲れ知らずの優れものでした。

同社はもともとはザックのメーカーというイメージを誰もが持ってるはず。でも最近では総合アウトドアメーカーに変身しつつある模様。

今日、長野市篠ノ井に所用があって出かけてきたのですが、その途中に寄ったスーパースポーツゼビオには同社のアパレル品が沢山置かれていました。

そんな中目に付いたのがTシャツ。

恥ずかしい話ですが、私は速乾Tシャツを一枚しか持っていません。入梅に際してもう1-2枚は必要と思っていた矢先にこれはチャンスです。値段もモンベル並みに安く(2000円台後半)、良い機会と思い一枚ゲットしました。

IMGP3883.jpg

春の3DAYS 第二回参加者募集中です!

6月26日からの天水山への3日間ツアーの参加者を募集中です。

信越トレイルを象徴するブナ林が続く、まさに核心部ともいえるエリア。
ブナ林にそっと咲き誇る小さな花々が迎えてくれます。
img_1385556_62681566_2.jpg

img_1458398_52090255_0_20110605220105.jpg

IMGP3795_20110605221303.jpg霧に咽ぶブナ

天水山のブナ林
_DSC6660_1.jpg


すでに催行決定していますので、迷っている方はお早めにお申し込み下さいネ。




★6月のガイド可能日
  6月6日~10日、13~17日
★6月26日出発・信トレ核心部を行く3DAYS参加者募集中
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから



↑↑↑
ブログランキング参加中です。クリック頂けると幸いです

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック