飯山市街地から斑尾高原への迂回路

飯山市街地から斑尾高原に向かう道路が、現在土砂崩れのため通行止めになっています。

通行止め区間

大きな地図で見る

迂回路

大きな地図で見る



★2012年ツアースケジュール
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから



↑↑↑
ブログランキング参加中です。クリック頂けると幸いです


スポンサーサイト

鍋倉山の中腹へ

鍋倉山の中腹まで偵察に行ってきました。
4月上旬までは寒い日が多く、積雪も例年以上でした。

しかし、中旬以降の高温と雨、風によってずいぶんと残雪がすくなくなってきました。

昨年同時期よりも明らかに少ないです。

CIMG4130.jpg

CIMG4128.jpg
新緑も色濃く、これまた昨年よりも発芽の進み具合が早いようです。

CIMG4131.jpg

樹種によっては発芽直後の芽鱗の色が目立つため、まるで紅葉のように見えるものもあります。

それが赤や茶色、黄色など、実にいろいろな色彩となるため、「春紅葉」と呼ばれることもあります。
CIMG4132.jpg

今しか見られない、新緑のマジックともいえましょう。

今現在は中腹の森太郎入り口にある駐車場までの通行が可能となっています。
山側の雪壁を見るに、やはり昨年同時期よりもかなり雪は少なくなっています。
ここ半月ほど、急激に雪解けがすすんだと見られます。
CIMG4129.jpg

新緑まぶしい信越トレイル、ご一緒しませんか?

お待ちしています!!


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

憧れのマムートストアへ

今日は所用で東京へ。

14時過ぎから夕方まで時間があるので、表参道にある憧れのマムートストアに行ってみようと思います。


★19日から始まる信越トレイルセクション1-3ハイク
引き続き参加者大募集中ですよ~



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

表参道アウトドア街

先日の東京遠征で、はじめて表参道のアウトドア街に繰り出しました。
CIMG4187.jpg

あらゆるブランドの直営ショップが並んでいる中、私のお目当ては


マムート
CIMG4189.jpg

靴をためし履きして、合うものがあるかどうかを試しましたが、やはりどれも狭くてアウト。
靴だけはどうやらマムートは合わないみたい。

あきらめました。(笑)

それにしてもお洒落な街でした。

★19日から始まる信越トレイルセクション1-3ハイク
引き続き参加者大募集中ですよ~
一日だけの参加でもOKです!



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

残雪と新緑の斑尾高原

今日は斑尾高原のセクション1の入下山口の下見に行ってきました。

昨年よりはかなり残雪が多く、景色も違って見えます。
CIMG4388.jpg

CIMG4389.jpg

CIMG4391.jpg

沼の原湿原から希望湖へ向かう取り付き部分(公衆トイレ前)の今の様子。
残雪の上を行くことになりそうです。
CIMG4392.jpg

信越トレイルクラブのHPでは、セクション3-6のアクセス道路がまだ開通していないとの記述がありますが、厳密に言いますと、とん平のレストラン手前150mまで通行が可能です。
CIMG4437.jpg
クルマの転回は可能です。

とん平の駐車スペースは雪の中。
CIMG4439.jpg

トン平から下り道方面を見たところ
CIMG4438.jpg


20日のセクションハイクでは、ルート確認を正確にトレースするため、念のためGPSを携えて参ります!
皆さんお越しになりませんか?


★訂正★
昨日の情報で、斑尾への県道が開通したとのお知らせを掲載しましたが、誤りです。
地すべり地帯の「分道」地区から飯山市街へ通ずる道が開通したというのが正しい情報で、分道から上へ向かう道は現在も通行できません。
お詫びして訂正いたします。




★19日から始まる信越トレイルセクション1-3ハイク

一日だけの参加でもOKです!残席2★



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

セクション1の今

春の恒例・セクション1-3を踏破する3DAYツアーが始まりました。

信越トレイルクラブのサイトでは

各所で雪が残り、トレイルがわかりません

とありますが、それは言いすぎです。少なくとも、セクション1で言うなら、歩いた経験のある人、もしくはガイド付ツアーなら何の問題もなく(危険なく)歩けるということを申し上げておきます。

今日はとにかくセクション1の全線に亘る膨大な写真を掲載し、実態をよりわかりやすく、明確に、正しくお伝えしたいと思います。

通過時刻は写真に打刻されていますので、おおよその流れは写真からご判断いただければ幸いです。

出発
CIMG4443.jpg

急登終了
CIMG4444.jpg

くぼ地には残雪アリ
CIMG4446.jpg

ゲレンデ歩行が終わったあとの、ブナ林。残雪少なし。
CIMG4449.jpg

一つ目のピーク(タングラム分岐)の先の鞍部へ向かう下りにわずかな雪渓
CIMG4450.jpg

山頂目指して登り。トレイル上には雪はなし。
CIMG4452.jpg





↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

続きを読む

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック