ソロハイカーの送迎も随時受付中です

梅雨の「中休み」のみゆき野。
今日もウチからは信越トレイルが全貌が見渡せます。


ここから見る限りでは、牧峠付近までは雪が完全に消えてなくなっています(トレイル上は、まだまだ雪の中ですが)。

セクション1-3に関しては、トレイル上の雪はほぼ完全になくなっています。
最後まで残雪トレイルだった、桂池から仏ケ峰登山口の平坦部分(杉林)エリアの雪もなくなりました。


前半区間に関しては、道迷いの心配もなく、いよいよシーズンイン。

ソロハイカー、グループハイク。

送迎も毎日随時受付中です。

お待ちしています!




★6月15日~セクション4・5・6ツアー参加者募集中
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★
スポンサーサイト

関田峠~牧峠へ

今日は地元戸狩小学校のガイド出役してきました。

4日ほど前に依頼を受けたのですが、関田峠~牧峠を歩く小学3年生と聞いてビックリ!
関田峠が開通したばかりで、トレイルはまだまだ雪の下。

しかも小学3年生。

歩きなれた人であっても、残雪時はそれなりに気を遣うセクションですので、かなり気合を入れて歩いてきました。

峠からの取り付き部分の残雪はゼロ。でも、その先は8割が残雪トレイル。

CIMG0650.jpg

CIMG0652.jpg

CIMG0654.jpg

ナベクラザゼンソウ群生地の湿原はもちろん雪ノ下。
CIMG0655.jpg

CIMG0657.jpg

梨平峠に11:30頃着。昼食には少し早かったのですが、この先には適当な場所がないので、ここでごはん。

ランチ後もほとんど残雪トレイル

CIMG0658.jpg

常にGPSで位置確認しながらの前進。
CIMG0672.jpg


CIMG0659.jpg

CIMG0661.jpg

CIMG0662.jpg

CIMG0664.jpg

牧の小池へ下る長い坂。
最大の難所。
でも子供たちは、ただただ大はしゃぎ(^_^)
CIMG0668.jpg

CIMG0670.jpg

牧の小池は完全に雪の中。
こんな景色も今のうちだけ。
CIMG0671.jpg

歩き始めから3時間30分後、ようやく牧峠に到達。
新潟県側は、すぐそこまでロータリー除雪車による除雪作業隊が迫っていました。
CIMG0674.jpg

しかし長野県側は峠から2kmが完全に雪の下。
関田峠と違って、自然融雪後の開通となります。
CIMG0677.jpg

CIMG0678.jpg

ようやく除雪箇所まで下ってきました。
CIMG0680.jpg

ゴールは行清水。
CIMG0681.jpg

ここからバスに乗って戸狩小学校へ戻りました。

お疲れ様でした。

★6月15日~セクション4・5・6ツアー参加者募集中
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

セクション4-5-6は、6月中旬以降がお勧めです

信越トレイルの送迎についてお問い合わせを頂くことが多い昨今ですが、今年は鍋倉山方面での積雪がかなり多く、セクション4-5-6についてはまだトレッキングの適期とはなっていません。

一昨日に地元の小学生をガイドした関田峠と牧峠の区間でも、その80%が雪に覆われていまして、トレイルは不明瞭です。

晴れていればところどころに目印がつけられていますので、慣れている人ならば辛うじて歩けなくはありませんが、ひとたび霧が出ると、それさえも見つけられなくなってしまいます。

なので、この区間のトレッキングを計画されている方は、6月中旬以降にお出かけになるのがお勧めです。

ちなみに6月16日から、セクション4-5-6を三日掛けて歩くイベントを開催します。

残席はあと1.


伏野峠の開通が21日(金)の予定ですので、歩行パターンは以下の通りです。

初日=牧峠~仏ヶ峰登山口
二日目=牧峠~伏野峠~国道403号線を約5km歩行
三日目=天水山~伏野峠~ 同上

よろしくお願いいたします。

★6月15日~セクション4・5・6ツアー参加者募集中
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★

アパラチアントレイルツアー計画 改定 第3弾

先日信越トレイルツアーに参加されたアメリカ通のお馴染みさんK氏が、トレイルのアクセスについて調べてくださいました。
さらに具体的なプランが出来上がりましたので載せておきます。

帰りのトレイルアウト後から空港までの公共交通機関も見つかりましたので、コレがかなり現実的なセンではないかと思われます。




東京・成田(NRT) 11:05発 (ANA002便)
ワシントン・ダレス(IAD) 同日10:40着/11:45発
 (バス:Washington Flyer30分毎25分10.00$)
Union station13:08着/15:30発
 (鉄道:MARC-Brunswick Line 873列車、9.00$)
Harpers Ferry着17:10


出発地点
HARPERS FERRY(1019マイル)

第一日
ROCKY RUN SHELTER(1032.7マイル)まで 
歩行距離13マイル

第二日
ENSIGN COWALL SHELTER(1048.4マイル)地点そばの FREE STATE HIKERホステル
歩行距離16マイル

第三日
DEER LICK SHELTER(1062.9マイル)
歩行距離14マイル

第四日
QUARRY GAP SHELTER(1078.7マイル)
歩行距離15.8マイル

第五日
PINE FURNIS STATE PARKから4.5マイル北に下ったIronmaster's Mansion ホステル
歩行距離22.5マイル

大きな地図で見る


第六日
ALEC KENNEDY SHELTER(1111.3マイル)
歩行距離19.5マイル

第七日
DARLINGTON SHELTER(1129.5マイル)
歩行距離18.2マイル

第八日
DARLINGON SHELTERよりBOILING SPRINGS経由(トレイルアウト) → カーライルまで歩く(総距離約9マイル3時間半)


大きな地図で見る

カーライルから路線バス
CAPITAL AREA TRANSIT
カーライル発13:31 
ハリスバーグ着14:30 運賃USD2.95 ハリスバーグ泊

第九日
午前中市内観光
ハリスバーグ発 13:30 グレイハウンドバス
ワシントンDC着 14:40  運賃USD32 

第十日
ワシントンDC観光後、午後便(15時台)にて帰国




だんだん具体的になってきましたよ~。楽しみです。




セクション4-5-6のアクセス道路最新情報

例年になく残雪の多い信越トレイル。
気になるセクション4-5-6エリアのアクセス道路情報について、実際に現地取材してきました。

セクション6天水山(松之山口)

【松之山口】
松之山側:大厳寺~全面開通しています。
津南側:風穴左折箇所の先100m地点に、道路を覆う残雪が20cmほど残っています。
15時頃、現場に行ったところ、雪上を強行した軽バンがスタックしていました。


明後日には完全になくなると予想されます。
その先には倒木や小枝が路面に散乱している箇所がありますが、通行は可能です。

なお、津南キャンプ場以遠に「通行禁止」の看板はありません。

松之山口~野々海峠
松之山口から500m行ったところで行く手を阻まれました。

その先の残雪はかなり多いと予想されますので、やはり通行可能となるのは7月以降となりそうです。松之山口に野々海峠方面への「通り抜け不可」の看板があります。

【野々海峠】
信州川:栄村平滝からの村道はいまなお工事中でして、通行不能です。
越後側:菖蒲高原キャンプ場から先かなり上まで行くことが可能です。峠まで1.1km地点で残雪により行く手を阻まれました。

菖蒲高原キャンプ場には野々海峠方面への「通行禁止」の看板はありません。
この場所から飯山方面への最短ルートは、国道405号線、松之山スキー場前経由、津南、国道117号線です。


【伏野峠】
越後側:キューピッドバレースキー場の先はしばらくバリケードはありませんが、伏野峠手前3.8m地点に鎖によって道路封鎖されていて通行不能です。


信州側:旧照岡牧場の先1.3km地点で、鎖による道路封鎖がされており、通行できません。
伏野峠まで6.0kmあります。


今週末セクション5-6を歩かれる方はご注意下さい。

セクション4-5-6 第1日

日曜日から火曜日まで、春のセクションハイク第二回の開催週間。

おかげさまで参加者は満員の6名様です!


第一日目は牧峠からとん平までを歩きました。

所々に雪渓の残るトレイル。
さすがに6月3日の戸狩小学校3年生の引率時と比べればかなり雪解けも進みましたが、それでも例年よりもかなり多い印象です。
CIMG0806.jpg

CIMG0804.jpg

ナベクラザゼンソウが群生する湿原
CIMG0803.jpg

ニオイコブシとも呼ばれる「タムシバ」は杏仁豆腐の香り
CIMG0802.jpg

少々早い時間でしたが、この先もかなり雪が多くジメジメしたコンディションを予想し、お昼ごはんは関田峠の車道脇でいただきました。
CIMG0798.jpg

お昼ごはんの後のデザートは山形のSさんご提供のバウムクーヘン。
毎日登場する日替わりスイーツは、もはや楽しみの一つに(笑)
CIMG0797.jpg
ご馳走様でした。

ランチ後はしばらく平坦な森の中。
CIMG0799.jpg

黒倉山へは55分で到着。
CIMG0794.jpg

CIMG0790.jpg

鍋倉山を出発してから80分後、小沢峠に無事到着。
CIMG0788.jpg

小沢峠からは美しいブナ林。
CIMG0789.jpg

約50分下って
CIMG0787.jpg

ゲレンデに到達。ここまでくればゴールは目と鼻の先。
CIMG0786.jpg


トレイルエンジェルの母ちゃん。
CIMG0785.jpg
本日のトレイルマジックは冷たいりんご酢。

トレッキング後の冷えたりんご酢のお美味しいことといったら、言葉がありません。

かあちゃん、ありがとう!

少々暑い中でしたが、皆さんお疲れ様でした。
プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2017年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック