FC2ブログ

木島平から見る鍋倉山もすっかり雪が消え

木島平から見る鍋倉山もすっかり雪が消えました。
5月10日の時点で、これほど白い斑点の見えない山々も珍しいです。

とはいえ、稜線はまだ1m以上の雪に覆われています。
1a123.jpg


セクション1-2-3については、5月下旬以降、豊田山歩道の2か所の沢の部分も含めて普通に歩けそうな感じです。
近日中に下見に出かけてきますネ。

5月25日からの3DAYSイベント、引き続き参加者募集中です。

★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★


スポンサーサイト



信越トレイル伏野峠は6月8日16時開通予定です

雪解けはどんどん進み、現在、麓からは鍋倉山の南斜面には雪を確認することができなくなりました。
CIMG9006.jpg


北側に回るとさすがに沢筋には白いものが見えますが。
CIMG9008.jpg


今日、飯山の北のはずれにあるエコパーク寒川へ大型ごみを搬入した帰りに403号線を上がってみました。

伏野峠は例年より1週間ほど早い、6月8日16時に開通するそうです。
CIMG9007.jpg


いよいよセクション5-6を歩ける日が近づいてきたわけです。

柄山集落
CIMG9010.jpg


越後三山(右から巻機山~中ノ岳方向)
CIMG9012.jpg

CIMG9009.jpg


緑も濃くなり、いよいよシーズン幕開けを感じるこの頃。
そろそろテンションを上げていくことにしますかネ。

5月25日からの3DAYSイベント、引き続き参加者募集中です。

★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★




2018年5月25日 セクション1

今季初のセクションハイクの始まりです。

参加者は2名様。快晴の斑尾登山口を出発しました。
CIMG9346.jpg


すぐそばにはテニスコートがありましたが、今季はオートキャンプ場?のテントサイトに生まれ変わっていました。
斑尾と言えば夏はテニス、冬はスキーと、若者のリゾート志向の王道を行く高原でしたが、いまや見る影もありません。

事実、ここしばらくは膨大なテニスコートが潰され、フットサル場に改修されたり、更地にされたりと模様替えが続いていましたが、まだまだその流れは途切れそうにもありません。

信越トレイルきっての急登
CIMG9345.jpg


1時間20分後頂上を経て、大明神岳へ。
CIMG9343.jpg

野尻湖の眺望が素晴らしい場所です。

袴湿原を経由して、袴岳の登りは一面緑のブナ林。
CIMG9341.jpg


CIMG9340.jpg

CIMG9339.jpg



妙高山を正面に望む頂上。
CIMG9338.jpg



ゴールの赤池には15:40頃に無事到着。
お疲れさまでした!!
CIMG9337.jpg

★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★




2018年5月26日 セクション2

今日は赤池から涌井まで。
人数が少ないので、送迎はラパンです。
CIMG9336.jpg


沼野原湿原
CIMG9335.jpg

ミツガシワが見頃です。
CIMG9334.jpg


湿原から先、一部区間で昨年秋の台風による土砂流出により通行が出来ず、車道経由で希望湖周回トレイルへ
CIMG9333.jpg

CIMG9329.jpg

CIMG9327.jpg


CIMG9332.jpg

湖畔に沿った道ですので、今回通れなかったメイントレイルよりもむしろ景色はイイです。

丁度昼になったのでランチ。
CIMG9328.jpg

毛無山からの眺望
CIMG9326.jpg

涌井新池からは3.6kmの農道歩き。
CIMG9325.jpg

CIMG9323.jpg

涌井には14:40に到着。
CIMG9322.jpg
お疲れさまでした!


2018年5月27日 セクション3

昨日はセクション3を歩いてきました。
林道区間が長く、後半は急激なアップダウンが待ち受ける、なかなかのハードセクションなのですが、天候に恵まれ、さまざまな山野草にも出会えて、実に気持ちのいい一日でした。

涌井出発前
CIMG9379.jpg

富倉峠
CIMG9380.jpg

黒岩山のろし台跡
CIMG9381.jpg


幾何学模様な水田
CIMG9382.jpg

百花繚乱
CIMG9385.jpg

CIMG9384.jpg

CIMG9386.jpg

桂池から東方向の針葉樹林帯には最近まで残雪がありましたが、昨日現在、すべて消滅しました。
ほぼ問題なく歩きとおすことが可能です。

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

◎信越トレイルクラブ
公認ガイド
◎山岳ガイド賠償保険加入















カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック