FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終日

相変わらず風雨はやままいまま夜明けを迎えた10月30日。

最終日ですが、せっかくの紅葉を逃したくはないので、安全ルートを選択して決行することにしました。

出発は野々海キャンプ場。


草紅葉が感動的な山狭の秘境のたたずまい。



しかし急激に冬型が強まってきまして、この時点で降雪を確認。

深坂峠で再び信越トレイルと交差。
十日町松之山最奥部の集落を見下ろす絶景ポイントです。


風雨が強いので、メイントレイルを避け、車道を行きました。
車道歩きとはいえ、左手には常時展望が開けるので、信越トレイルメインルート同様の眺望が続きます。




先日の台風で、一か所路盤が崩れ、車の行き来が完全不能となっています。


1時間後、松之山口登山道にたどり着き、いつものブナ林へ。


やはりここのブナ林は圧巻です。

下草が少ないので、ブナの幹全体をすべて望むことができます。


小沢峠下のブナ林を「荘厳」と表現するならば、ここのブナ林は「整然」。
信越トレイルルート上で堪能できる東西横綱といえるのではないでしょうか?

車道に戻り、無印良品キャンプ場を目指して紅葉の林の中を歩くこと30分。



母ちゃんの迎えの車がやってきました。


真冬のような寒い一日、皆さん、お疲れさまでした!!!


この後、野々海キャンプ場にラパンを取りに行きましたが、キャンプ場周辺はすでにうっすらと雪化粧。

山を下る途中、一瞬完全積雪路面と化しまして、あと10分遅ければ、走行不可能に陥っていたかもしれません。

10月30日にしてこの降雪。なかなかのサプライズでありました。


次回はいよいよ今年度最終のセクション4-5-6ツアー。
11月11日(土)から三日間、冬枯れの核心部を行きます。

残席3名様。お待ちしています!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール
木島平でユースホステル
を営むかたわら、信越トレイルガイドとして主に春から秋のトレイルを歩き回っています。 誰でも気軽に、信州の山を満喫できる信越トレイル。行程は短くはありませんが、全線踏破した時の感激はまたひとしお。 貴方のチャレンジ、お待ちしています。

●信越トレイルクラブ 公認ガイド
●山岳ガイド賠償保険加入



★勝手に?メンバー募集中★

★2018年春~秋ツアー



★管理人のオススメ★
穂高駅前の登山ショップ
カテゴリー
信越トレイルとは
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。